膀胱炎予防サプリ「クランジンプラス」

普通のクランベリーサプリと何が違う?

再発しやすい膀胱炎・・・。

病院から処方された薬を飲んで、一時は、症状が治まっても、また体調を崩すと再発してしまう事に悩まされている人も多いと聞きます。

膀胱炎を予防する事は出来ないのでしょうか?

こんな膀胱炎の悩みを解決すべく作られたのが、ドクターズチョイスのクランジンプラスです。

ドクターズチョイスのクランジンプラスは、膀胱炎予防に有効な特許成分が配合されたサプリメントです。

キナ酸とDマンノースを含むクランジン(クランベリー由来)という成分、更には、複数の乳酸菌を含む生菌ブレンドやビフィズス菌などを掛け合わせた特許成分が配合されています。

■2種類の特許成分

  • クランジン(キナ酸+Dマンノース)
  • 生菌ブレンド

膀胱炎予防への有効性が確認された2種類の特許成分が一つのサプリメントに詰め込まれているというのは、なかなか魅力的です。

抗菌薬より予防に適したサプリメント

主要成分であるクランジンは、膀胱炎の改善に有効な果実として有名なクランベリーから抽出したエキスが使われています。

クランベリーには、キナ酸、Dマンノースという二つの成分がどちらも膀胱内から大腸菌を排出する働きがあるので、このバランスを調整した事で特許を取得できるほどの有効性が確認されたんですね。

また、キナ酸は、クランベリー以外にコーヒーなどにも含まれている成分ですが、体内に入ると馬尿酸に変化し、膀胱内を酸性に保つ作用があるそうです。悪玉菌は、アルカリ性環境で繁殖するので酸性側になっていると繁殖力が抑えられます。

もう一つの特許成分として、膀胱内の抵抗力を高める事に有効な各種乳酸菌が配合されているのですが、こちらは、乳酸菌が女性の尿路感染症予防に有効であるという事が様々な研究や文献等からも明らかとなっています。

乳酸菌と言えば、腸内環境を整えるものというイメージが強いかもしれませんが、免疫力を高める働きに長けていて、女性特有の症状であるカンジダ膣炎などの再発予防に特化したドクターズチョイスのフェミプロバイオなどにも用いられています。

そうした免疫力アップに欠かせない乳酸菌は、大腸菌を始めとする雑菌が再び侵入しても再感染しないように守ってくれる働きが期待されます。

クランベリーをベースとした乳酸菌(生菌)ブレンド

膀胱炎のサプリメントとしてクランベリーの粉末を固めたサプリなどが人気ですが、正直、これだけでは対策できたと言えません。

それなら、毎日クランベリーを食べていれば、膀胱炎にならないと言っても過言ではないからです。

クランベリーのサプリだけでは足りない部分を補ってくれるのが、ドクターズチョイスのクランジンプラスのオリジナル要素です。

その為に、生菌ブレンド(数種類のラクトバチルス菌とビフィズス菌など)を配合しているのです。

これらの善玉菌を摂取する事により、悪玉菌の繁殖を防ぎ体の内側の細菌バランスを正常に戻す上でも有効なようです。

クランベリーエキス(キナ酸・Dマンノース)に加えて生の善玉菌をブレンドする事により、膀胱炎予防の効果が十分に期待できるレベルのサプリメントに仕上げられているのです。

市販薬で膀胱炎を防ぐ事はできない?

ドラッグストアで購入できる膀胱炎の市販薬には、排尿を促す働きしかありません。

殺菌力のある薬は、処方薬となるので、病院で診察して貰った後、調剤薬局からでないと入手する事ができません。

また、膀胱炎市販薬の中で効果があるという口コミも多い腎仙散(じんせんさん)というものがありますが、これも結局は、膀胱炎になってからの対処法となります。

排尿を促す方法なら、薬以外にも有ります。

市販薬には頼らず、水を沢山飲んだり、コーヒーを飲んで排尿を促すという方法でも得られる効果は同じです。

意図的に水をたくさん飲むのもまた大変。

部屋で療養中ならまだしも、仕事中、移動中は、難しい。特に、電車や飛行機での移動と重なると大変です。

健康の為にも”1日2リットルの水を飲むのが良い”というような情報もありますが、実際には、体を冷やしたり、下半身のむくみの原因となるので良くないそうです。

膀胱炎で悩まれている方にお話を伺いました

何度も繰り返す膀胱炎に悩まれていてクランジンプラスを飲んで予防されている女性に、話を伺う機会が有りました。

その方は、冬場になると毎年のように膀胱炎を繰り返されていたそうですが、最初は、1日1粒を毎日続けていたそうです。

すると、今までの経験では、膀胱炎になっていた時期をやり過ごすことができて確かな変化を実感したというお話でした。

それからも毎日1粒を予防の為に続けているそうですが、土日の仕事休みに、飲むことを忘れた事があったものの特に問題なかったということで、それからは、平日の5日間は、1日1粒を続けるペースで予防しているそうです。

必ず毎日飲まなくても大丈夫というのなら、こういう続け方も良いのかもしれません。

反対に、毎日2粒程度飲んだ方が良いという場合もあるかもしれませんが、使用方法にも記載されている通り、尿トラブルがひどい時のクランジンプラスの推奨用量は、”1日2回で1回2粒”なので1日分は計4粒となります。

4粒も飲んで大丈夫かなという心配もあると思いますが、サプリメントなので、用量は、あくまでも参考に過ぎず、ここは、ご自身の体の調子を見ながら判断していくのが良いのかなと思います。

いずれは、2日1粒、3日1粒とだんだんと量を減らしても膀胱炎にならないラインを見つけていければ、良いのではないでしょうか。

再発前に体質改善で予防する

一度でも膀胱炎を発症すると、疲れやストレス、睡眠不足などの体調不良で膀胱炎が再発しやすく、二度三度と再発を繰り返すのが当たり前となります。

また、抗菌薬では、良い菌まで殺してしまうので膀胱内の環境がリセットされてしまい、繁殖力の強い悪玉菌が増えやすいので、一時しのぎに過ぎません。

それよりも、発症前に予防する事が重要です。

その最も適した方法は、膀胱内の悪い菌を排出する働きを強化する事であり、その働きを担う成分が豊富に配合されているのがドクターズチョイスのクランジンプラスです。

このように、膀胱炎の予防として取り組める事も色々と有りますが、それらの違いを理解すると、最終的にドクターズチョイスのクランジンプラスが手段として適している事が実感できるのではないでしょうか。