膀胱炎を自然治癒するには?

市販薬が利尿作用程度なら自分で対策可能

膀胱炎の市販薬もいくつか販売されていますが、膀胱炎に対して直接的な治療に繋がる薬は、市販薬として扱えません。

なぜなら、膀胱内の大腸菌を殺菌する必要がある為、膀胱炎の治療は抗生物質(処方薬)に頼らざるを得ないのです。

市販薬には、泌尿器科で処方してもらえるような抗生物質は含まれておらず、利尿作用を持つ漢方成分が主となります。

では、膀胱炎を自然治癒させる事はできないのでしょうか?

膀胱炎を自然治癒する方法について調べてみると、一番すべきなのは、とにかく水を飲んで頻繁に排尿することだそうです。これによって、膀胱内に繁殖することで膀胱炎を引き起こしている細菌を体外へ排出します。

確かに、膀胱内なら水分の通り道でもあるので、沢山排出すれば、その分、菌を追い出すイメージはできます。

それ以外の方法としては、クランベリージュースを飲むと、自然治癒をより促進できるということが分かっているそうなので、クランベリージュースを飲むというのも効果的と言われています。

なぜなら、クランベリーに含まれているキナ酸という成分が、尿を酸性に変えることで殺菌を促してくれるからです。

これも、正確には、殺菌するという事ではなく、尿を酸性に保つと大腸菌などの繁殖を抑えることが出来るということからだそうです。

となると、膀胱炎の自然治癒のためには、クランベリージュースを飲みつつ頻繁に排尿するということが自然治癒の方法としては理想なのかもしれません。

ですが、今ならドクターズチョイスのクランジンプラスがあるお陰で膀胱炎の予防が可能となっているので、膀胱炎になってからこうした方法を取るか、それとも、毎日1粒飲むだけの簡単な予防方法を選ぶかの違いにもなってくるのではないでしょうか。