膀胱炎の症状とは?

下腹部痛と尿混濁が多いようです

最近は暖冬傾向にあると言われていますが、その反面、極端に気温が下がることもあります。このように寒い時期は、膀胱炎にもなりやすいそうなので注意しましょう。

確かに、寒いと通常よりもトイレが近くなって、どうしても尿意を我慢してしまう機会は多いですから。しかも、体温が下がる分、免疫力が落ちるのも理由の一つと考えられます。

また、尿意をあるにもかかわらず排尿しないことで、膀胱内に雑菌を繁殖させてしまうことが原因だそうです。

では、その膀胱炎の症状とは、具体的にどのような感じなのでしょうか?

女性は男性よりも尿道が短く膀胱炎になりやすく、頻尿、排尿痛、尿混濁、残尿感、下腹部痛などが挙げられていました。結構な数の症状があります。

初期症状としては、下腹部痛と尿混濁である場合が多いとのことでした。

詳しくは、下腹部が熱を持ったようにジンジンすると共に、尿の色が何時もより濃くなるそうです。最初は、何時もよりちょっと茶色いくらいだそうですが、ひどい段階まで行ってしまうと、トマトジュースのような赤味を帯びた血尿が出るようです。

ここまで、炎症が悪化する前に何とか防ぎたいところですね。

反対に、膀胱内で増えた細菌を退治する為に白血球が沢山出て、白く濁ってしまうことも有るのですが、いずれも、膀胱炎特有の不快な症状が続くので、早い段階で処置すべき事に変わりありません。

もしも、膀胱炎の兆候が現れた事を察知したら、早めにクランジンプラスを飲む事をオススメしますが、兆候すら防ぎたいというのなら毎日継続が吉です。

クランジンプラスは、膀胱炎予防が目的のサプリメントですが、含まれる成分は、女性特有の再発する感染症にも有効と言われているものなので、広く健康維持という意味でも有効だと思います。

原因は低体温からきているかもしれません

膀胱炎とは関係無く頻尿という場合、その原因として考えられるのは低体温かもしれません。というのも、体温は高い時に水分が必要で、低い時には、水分が不要となるので、出来るだけ排出しようとする働きがあるからです。

体がポカポカしている状態だと、体温の上がりすぎを防ぐ為に、汗を出し体温を下げますが、こうした働きは、脳に最適な温度を保つ為と言われています。温度が高い状態は、脳にとってはオーバーヒートを引き起こす事に繋がるからです。

一方、体温が低いのに体内に水分が多いと、それが、体を冷やす原因となります。また、体温が下がると免疫力が低下し感染症や病気となるリスクが上がってしまうので、そうならない為に、体を冷やす水分を出さなくてはなりません。

体の中の水分が温まったら、それが保温効果を持つようにも感じるかもしれませんが、水分に体温という熱が奪われてしまう為、冷えの原因となりかねません。

体温を下げる原因となる水分を出来るだけため込まないようにするので排尿が起こるので、水分を摂取している量がそんなでもないのに、頻尿の傾向にある場合、それは、低体温が原因である可能性が高いという事に繋がります。

健康の為だと思って水分を多めに摂取している場合、実は、それが原因で体温が下がり、その低体温が原因で頻尿となっているような悪循環に陥っているかもしれませんので、水分量の調整は行った方が良さそうですね。

もしも、下半身がむくみがちというのであれば、水分の取り過ぎとなるそうです。