膀胱炎の抗生物質の注意点は?

耐性菌などが増えてきている現状に要注意

体内に抗生物質を入れるのは体にも負担となり、使用の制限があったり、近年、薬の効かない菌(耐性菌)が増えてきている事も問題になっています。

抗生物質は、急性膀胱炎の特効薬としては有効な方法かもしれないけど、長い目で見た時に、本当に使って良いのか不安要素は少なくありません。

そもそも、処方薬というのは症状が現れてから服用するものなので、膀胱炎の場合も再発してから薬を貰いに行くというのは、できる事なら使用せずにその前段階で予防したいものですよね・・・。

なぜ、膀胱炎を発症(再発)してからじゃないと、処方薬を貰う事が出来ないのでしょうか?

これは、日本の健康保険制度も関係していますが、病気に対してはすんなり薬を処方する事が出来ても、予防に対しては、保険適用の料金で薬を出せない事などもあり、結局、処置が後手になってしまう場合も少なくないようにも感じます。

抗生物質の使用は、耐性菌が居ない状態なら早急な改善も可能だと思いますが、そもそも、膀胱炎が繰り返すものという前提で使用している事も考え直した方が良いのかもしれないと思います。

再発するという事は、免疫力が低下しやすい状態に居るという事です。これが体質だけではなく、抗生物質を繰り返し使用している事も関係している可能性も否定できないので、出来る限り薬には頼らない方が良いのは言うまでもありません。

薬を用いた対症療法は、その症状は、沈静化する事が出来ても、それ以外の部分で副作用となって現れる事もあるので注意したいもの。

その点、漢方薬(生薬由来成分)やサプリメントは、予防として用いる事ができて使用制限も無く、耐性菌が現れる心配も無いのは、利点かもしれません。

抗生物質は処方薬なので市販できない

膀胱炎で泌尿器科にかかると、大抵は抗生物質が処方されるそうです。

これによって、膀胱内に繁殖して粘膜に炎症を起こすことで、膀胱炎を発症させている細菌を駆逐することができるのだとか。そのため、てっきり膀胱炎の市販薬にも、その抗生物質が配合されているものとばかり思っていました。

しかし、実際のところ、膀胱炎の市販薬に抗生物質は無いそうです。正確には、抗生物質を市販することは、法律で禁止されているようです。

では、代わりに何で構成されているのかと言うと、漢方成分が主みたいです。詳しく言うと、利尿作用を持つ漢方成分によって、排尿を積極的に促すことで、膀胱内で繁殖した雑菌を排出して治癒を促すという形になるそうです。

となると、自然治癒の場合とあまり変わらないと思います。水をたくさん飲んで尿を頻繁に出す、というのが自然治癒の確固たる方法ですから。

ただし、腎仙散(ジンセンサン)は、他の膀胱炎の市販薬と同じく漢方成分を中心に構成されているのですが、利尿作用だけでなく抗菌作用を持つ漢方成分も含有しているそうです。

そのため、他の市販薬に比べ、膀胱炎の直接的な治療が可能とのことでした。

この腎仙散には、膀胱炎を始めとしてむくみの改善や利尿を促す作用などがあるようです。抗生物質は、その働きが強いので肝臓に負担をかけてしまうこともありますが、その辺も漢方成分なら、安心して使えるかもしれません。

しかし、市販薬の使用も結局は、再発してから使うと考えると、膀胱炎の予防目的で使用できるクランジンプラスの方がより早い段階の処置と言えます。