クランジンプラスはなぜ日本で売られていないの?

条件が整っているアメリカで生産するメリット

膀胱炎予防に有効性が確認された特許成分が2種類も配合されているクランジンプラスですが、着々とリピーターが増えているようです。確かに、サプリを飲み続けているだけで、つらい膀胱炎が予防できるとなれば、続ける理由になります。

クランジンプラスを飲めば乳酸菌も摂取できるので、膀胱炎以外の予防にも期待が持てますが、中には、日本で通販できない事を疑問に感じられている場合もあるそうです。

でもなぜ、クランジンプラスは日本で売られていないのでしょうか?

それは、日本で売られていないというよりも、アメリカで製造した方がより良いものが出来るところにあるようです。

理由の一つは、日本とは異なり社会保険(健康保険)の制度が破綻してしまっているアメリカでは、医療費が非常に高い為、病院へ行く事は少なく、健康管理にサプリメントなどを利用する方が多い事が関係しています。

サプリに対する需要も高いので、研究や品質管理、または、コスト面など、日本よりも進んでいるだけでなく、オーガニック材料のように、より品質の良いものが集まりやすいというメリットがアメリカにはあります。

確かに、日本のような島国一つよりも広大な土地を有するアメリカなら、材料も豊富で選べる幅も桁違いだと思えますね。

そうなると、自ずと優れた研究者も増え、品質管理の行き届いた工場も増えてとなると、材料の調達から製造までをアメリカ国内で一元化してしまった方がより良いものが出来るという事からアメリカで創業されたそうです。

日本で販売されている膀胱炎対策のサプリメントだけでは、選択肢は限られてしまうものですが、原材料からこだわって高品質のサプリメントに仕上げるというところまでやるのは、日本だけでどうにかできる規模ではありません。

その為にアメリカで創業しているドクターズチョイスは、他のメーカーが簡単に真似できない事を実現しているのが強みのように感じます。

関連ページ