妊娠中はカンジダ膣炎に要注意

妊娠すると抵抗力が落ちカンジダを発症しやすい

妊娠すると、体内の免疫機能が胎児を異物として攻撃しないように、体の免疫力が制限されるようになる事で口唇ヘルペスを発症するケースが増えるようです。

また、妊娠中という事もあるので、内服薬なども用いて良いのか確認しておく必要があります。

さらに、元々の体質的にも日和見感染を起こしやすい場合は、妊娠中に何度もカンジダ膣炎を発症してしまい、治ったかどうかわからないまま出産するケースも少なくないようです。

何ともないという事なら良いですが、万が一を考えると気をつけたいところですね。

感染を防ぐために、点滴をしたまま出産という方法も行われるようですが、もっと安全に予防する方法として、乳酸菌のサプリメントを飲むようにすれば、体内の乳酸菌を増やしてくれる事で膣内が弱酸性に保たれるので薬に頼らず予防も可能となるかもしれません。

ただし、その場合は、妊娠中も服用に問題ないか一応確認するなどしておくべきかなと思います。

ドクターズチョイスでは、高品質の乳酸菌を配合したサプリメントが複数あり、カンジダ対策や膀胱炎予防に特化したものがあるので、妊娠中の使用に問題ないと医師が判断すれば、使用を検討してみるのもアリかもしれませんね。

関連ページ