コンドロイチンの効果とは?

軟骨への水分保持やクッション性を保つ

グルコサミンと並んで、よく関節痛改善策として紹介される、コンドロイチン。正確に言えば、関節痛に悩む比較的若い年齢層に、お勧めされるそうです。

では、そのコンドロイチンは、具体的にどのような形で、関節痛を改善してくれるのでしょうか?

グルコサミンとの違いがいまいち分からない方も少なくないと思います。

コンドロイチンは、どうもグルコサミンのように、軟骨自体は生成してくれないそうなんです。その代り、軟骨へ水分を補給することで、クッション性を維持する効果を有するそうです。

その間に、体内で分泌されたグルコサミンが、少しずつ軟骨を回復させてくれるため、多少時間はかかりますが、確実に関節痛の改善が可能とのことでした。

また、グルコサミンは、加齢に伴い分泌量が少なくなると聞きますが、比較的若い内ならまだある程度は見込めるそうです。

つまり、グルコサミンではなく、コンドロイチンが比較的若い年齢層にお勧めされるのも、それが理由がうかがえます。

加えて、コンドロイチンだと、医療費控除を受けられるという意外なメリットもあるので、関節痛の早めの対策として、コンドロイチンのサプリメントは是非お勧めとのことでした。

視力調整をスムーズにする働きもあるそうです

コンドロイチンは、グルコサミンと並んで、関節痛の改善に良いというイメージが強いと思います。しかし、その他にも意外な効果がありました。

それは、老眼の予防や改善です。コンドロイチンは軟骨関連の効果しかないと思っていましたが、目にも効果をもたらしてくれるそうです。

では、どのようにして、コンドロイチンは老眼を予防したり改善したりしてくれるのでしょうか?

まず、老眼の仕組みについてです。

通常、毛様体に基づく毛様体筋という筋肉によって、水晶体を厚くしたり薄くしたりすることで、私達は目的物にピントを合わせて視認しています。

しかし、加齢に伴い、その働きは徐々に弱まってしまうため、中々目的物のピントが合わないという、老眼の症状が生じてしまうそうです。

そこで出てくるのが、コンドロイチンですが、毛様体の働きをサポートすることで水晶体の調整がスムーズになされるよう促してくれるのだとか。

ピント調整機能としてもコンドロイチンは重要な役目を果たしてくれるため、老眼の改善や予防効果を期待できるとのことでした。関節痛に加えて老眼にまでメリットがあるなんて、コンドロイチンって実は至れり尽くせりな成分なのかもしれません。

関連ページ