350億個の善玉菌サプリメント

合わせて8種類のビフィズス菌と乳酸菌が高配合

ドクターズチョイスのサプリメントの中でも、日本語の商品名が一番長いのが「3種ビフィズス菌+5種乳酸菌=350億個の善玉菌サプリメント」です。

名前の通り、このサプリメントの中には、3種類のビフィズス菌と5種類の乳酸菌が含まれているのですが、それだけ、両方の善玉菌の必要性を感じられるのではないでしょうか。

これらが腸内へ運ばれる事で腸内細菌のバランスが良くなり、便秘や下痢など、悪玉菌の仕業と思われる状況から腸内環境を改善できる事が期待されます。

ビフィズス菌と乳酸菌だけが腸内に届いても、エサとなるものが無ければ活動できませんが、サプリメントの中には、善玉菌のエサとなるオリゴ糖と食物繊維まで含まれていますので、このサプリメント一つで完結しているオールインワンもうれしいところ。

また、このサプリメントを摂取する目的は、便秘や下痢の解消に良いという事になっていますが、便秘や下痢は、腸内に悪玉菌が増えている状態でもあります。

まず、便秘は食物繊維不足も関係していますが、腸内に消化物が長期間残ったままになっていると大腸内で腐敗が進み、それが原因で悪玉菌が増加します。オナラが臭い場合は、悪玉菌によって腐敗が進んでいるシグナルの一つとなります。

腸内環境の悪い状態が長引くと肌荒れや吹き出物ができやすくなるだけでなく、イライラなど精神状態にも影響するそうです。特に動物性食品を多く食べると、消化に時間がかかる為、そうした傾向が出やすいと言われています。

下痢も同様に、腸内環境がアルカリに傾いている状態なので悪玉菌を増やし、体の免疫力を下げる事にも繋がります。

そうした状態を防ぐ為にも、腸内を守ってくれる善玉菌が必要となりますが、ヨーグルトなどの食品より手軽、かつ複数の種類の善玉菌を一度に摂取する手段として、最適な方法の一つとなってくれると思います。

350億個の善玉菌サプリメントの直営店販売ページはこちら

関連ページ