グルコティー(Gluco TEA)

血糖値を下げると期待の5つのハーブをブレンド

商品の名称が変更されました。

  • 旧:血糖値コントロールTEA
  • 新:グルコティ(Gluco TEA)

グルコティー(Gluco TEA)は、血糖値を下げる働きが注目される5つのハーブをブレンドした香り豊かなハーブティです。

インスリンの感受性を改善する働きを持つギムネマ、膵臓細胞に働きかけインスリンの分泌に寄与するゴーヤ、血糖値やコレステロールの上昇を抑制するシナモン、インスリン抵抗性に貢献するステビア。終末糖化産物の生成を阻害するカモミールが含まれます。

この他にも、血糖値の調整に有効な抗酸化成分(ビタミン、ミネラル、天然ハーブなど)を16種類がブレンドされているので、それらの持つ作用が総合的に血糖値の上昇抑制に貢献してくれる期待が持てます。

実際に、糖尿病やその予備軍、高血糖の傾向があり今後が心配という方からのリピートも多く、飲みやすさも有って人気となっている商品です。

また、食後高血糖など、血糖値が高い傾向にあるものの、食事制限が難しかったり、外食を余儀なくされる場合、忙しく、食後から睡眠までの時間が短い場合など、様々なシーンで活用されている印象があります。

お茶やハーブティなどには、様々な効果効能が期待されるものが有りますが、それらを血糖値の上昇を防ぐという部分に特化させ、更に、その他の抗酸化成分を配合して補っているので、糖尿病に限らず、毎日の健康のサポートしての活用方法も有るのではないでしょうか。

1日に何杯飲んでも大丈夫?

血糖値を下げるのに有効とされるハーブを配合してあるグルコティーですが、1日に何杯も飲んで大丈夫なのでしょうか?

1日摂取量に関しては、グルコティーは健康食品であり、特に、サプリメントと比較してもブレンドされた茶葉がティーバッグに入っているものなので、普通のお茶と同じように飲む事ができます。

特に決められた上限というものはありませんが、多くの研究を元として、安全で最適な量の目安は、1日1杯~2杯程度。また、食前20分前程度に飲んでおくと、効果を実感しやすいという感想が多いそうです。