妊活ルイボスティー

ルイボスの葉の中でも最高グレードを使用

妊活ルイボスティーは、一般的なルイボスではなく、品質の良い状態であるグリーンルイボスを使用しています。

ルイボスの葉の中でも最高グレード(スーペリアクラス)の新芽部分だけを使用していて、また、グリーンルイボス以外にも、不妊治療に有効とされる5種類のハーブがバランス良く配合されています。

使用されている茶葉は、アメリカの厳しい審査を通過したオーガニック認定茶葉のグリーンルイボス100%となっているので品質面も問題ありません。

普通のルイボスとグリーンルイボスは、そもそもが同一原料ですが、これだけの成分量が違っているのは製造工場によります。グリーンルイボスを作れる工場は、瞬間フリーズドライの設備を持ち、品質管理の行き渡っているからこそ製造する事が出来ます。

普通のルイボスティーとの違い

妊活ルイボスティーは、普通のグリーンルイボスティーと比べて、卵子の老化予防に繋がる抗酸化成分のフラボノイドやアスパラチンの含有量が大きく異なります。

フラボノイドの量は、普通のルイボスに比べて10倍以上。アスパラチンに関しては、普通のルイボスの40倍以上と高い含有量を誇ります。

それを可能とするのは、製造工程におけるフリーズドライ製法ですが、一般的なルイボスは、自然乾燥させる課程で葉から成分がどんどん減少してしまうのですが、フリーズドライにより瞬間的に乾燥させる事で成分の減少を防ぐ事ができるのです。

おいしい作り方・飲み方

ドクターズチョイスの妊活ルイボスティーをおいしく淹れる方法を紹介します。

まず、ティーバッグをティーポットに1つ入れて200ccのお湯を注いだら、すぐに蓋をして5分~10分蒸らしたら茶葉をこします。

これを基本として、好みの味になるようにお湯の量や蒸らす時間を変えることで味の調整が可能です。また、これを1回として、1日に2回~3回程度飲むのが良いとされています。

また、旦那さんなど男性が飲む場合は注意が必要です。

なぜなら、妊活ルイボスティーに含まれる成分「チェストツリー」には、女性ホルモンの分泌を刺激する働きがある為、男性ホルモンの分泌が抑えられてしまうと言われていますので、妊活中に男性が飲む事は推奨されていません。