L-アルギニン5000プラス

L型のアルギニンが高配合の人気サプリ

L-アルギニン5000プラスが選ばれる理由は、優れた配合量。1日量1杯あたりL-アルギニンが5,000mgも含まれているのが大きな魅力です。

このサプリは、今までにユーザーの意見を元に味やパッケージが改良され、今は、飲みやすく、また、持ち運びにも便利な小分けタイプとなっています。

アルギニンには、D型とL型という二種類があります。

そのうち、体内で生産する事ができ、また、自然界に存在するのは、L型です。つまり、D型よりL型が良く、そのL型の中でも配合量に優れているドクターズチョイスのL-アルギニン5000プラスは、質、量ともに最も優れているサプリメントの一つと言えます。

L-アルギニンの配合量は、バイアグラの父との異名を持つノーベル賞学者イグナロ博士の理論を元に定められました。

その他にも、L-シトルリン、D-リボース、ビタミンB群、C、D、E、葉酸、そして、マグネシウムまでも含んでいるという高配合のサプリメントです。

ドクターズチョイスのL-アルギニン5000プラスの持つポテンシャルは、全日本プロレスの代表を務める秋山選手が愛用している事でも知られ、疲労感を改善するためという目的から、ハードなスポーツのサポートとして活用されている方も多い位、幅広く活用されるサプリメントとなりました。

アルカリ性を改善して飲みやすくなった

しかし、これだけ優れた成分ながら、アルカリ性という性質の改善が課題でした。

pH値がアルカリに傾いている成分は、どうしても苦みが出やすくなってしまうというデメリットがあったのですが、クエン酸を加えて中和する事でpHが4.7となり飲みやすくなっています。

また、1回分のパッケージに切り替わった事でスプーンで量を調整しながら出す必要も無くなり、旅行などにも持ち運びやすくなりました。

パウダーが固まる事があるけど大丈夫?

L-アルギニン5000プラスの粉が保管方法や時間の経過によって固まる事があります。

この点を気にされる場合もあるようですが、固まっても品質上は問題無いので飲んでも大丈夫です。また、このような固結を防ぐ為には、固結防止剤などの添加物を加える事で見た目を保つ事ができるのですが、ドクターズチョイスは、敢えてそれをしていません。

なぜなら、そうした添加物の多くは、アルコールよりも肝臓への負担が大きい事が様々な研究で明らかになっているからです。

それに、以前までのボトルタイプだとパウダーが固まってしまうと大変な事になっていましたが、今は、小分けになっているので、パウダーが固まっても包装のまま手でもみほぐす事も可能なので、以前ほど、固まっても苦になりません。

また、パウダーの中に黒色の粒が確認されるかもしれませんが、黒い粒は、マグネシウムが湿気を吸収する事によって固まったものです。

甘み成分は化学的なものではありません

L-アルギニン5000プラスに含まれる甘味成分には、キシリトールやステビアがあります。

これらの安全性についての確認ですが、まず、キシリトールは、人工甘味料に分類されますがトウモロコシの芯やシラカバを原料としている天然由来の甘味料であり、世界的にも安全性が高いと知られています。

もう一つのステビアは、パラグアイなどの南アメリカ原産のハーブ由来の甘味料で、こちらは、カロリーが無く安全性が高い事から、様々な加工食品やサプリメントの甘味成分として用いられています。