プレミアムオメガ3

高純度のフィッシュオイルサプリメント

プレミアムオメガ3は、DHAとEPAを同時に摂取できるサプリメントですが、オメガ3は不飽和脂肪酸である為、品質が重要となります。

IFOS(国際フィッシュオイル機関)の基準とする4つの項目をクリアしている事から、世界的な品質が認められている国際機関認可の『高純度のフィッシュオイルサプリメント』です。

この品質の裏付けとなる国際機関は、IFOSの他に、CRN(米国栄養評議会)、WHO(世界保健機構)、GOED(オメガ3グローバル業界団体)という3つの機関があるのですが、IFOSは、これらの国際機関のフィッシュオイル評価基準を一元化しています。

つまり、より厳しい基準をクリアしているという証しでもあります。

また、品質に偽りが無い事を証明する為、プレミアムオメガ3の販売ページには、純度、成分、重金属などの検査結果に関する情報も隠さず公開し、それぞれ、十分に安全な基準をクリアしている事が示されています。

オメガ3(DHAやEPA)は、品質と鮮度が重要です。

不飽和脂肪酸は非常に酸化しやすい為、鮮度の悪いオメガ3の摂取は、酸化した油を摂っている事と同じになるので返って体に悪いものを取り入れている事にもなり兼ねません。多くのオメガ3を配合しているサプリメントは、そうしたリスクが残る事、高配合だとしても注意しなくてはならないとも言えます。

そうした成分の特徴も十分に理解した上で、ドクターズチョイスのプレミアムオメガ3は製品化されているので、このサプリメントに必要な純度と鮮度選ぶなら、まず、間違い無いサプリメントの一つです。

ただし、一つだけ課題も残っています。それは、高純度のオメガ3を配合する為に、どうしてもサイズに限界があり、「大きくて飲みにくい」という指摘も少なくない事ですが、このサプリメントに関して言えば、それでなければ、高純度のオメガ3を摂取する事は難しいと言えます。

保管場所や酸化防止剤について

高品質のフィッシュオイルを含むドクターズチョイスのプレミアムオメガ3ですが、フィッシュオイルは、不飽和脂肪酸という事もあり酸化しやすいという欠点を持ちます。

不飽和脂肪酸は、酸素を吸収する事で酸化反応が進行していくと、油脂がヒドロペルオキシドという不安定な過酸化物を生成するようになるので健康に良くありません。

このような問題を含む為、IFOS(国際フィッシュオイル機関)の品質評基準として、「酸化レベルが75%以下である」という条件を含むのですが、プレミアムオメガ3はこの基準をクリアしているのと同時に、酸化防止としてビタミンEも配合されています。

しかし、保管が粗雑になってしまうと、品質の劣化にも影響するかもしれませんので、保管場所は、高温多湿の場所を避け、使用期限内に飲みきるようにしましょう。

>>プレミアムオメガ3の直営店販売ページはこちら

関連ページ